News

新しいカッティングプロッター設備を導入しました

「株式会社ミマキエンジニアリング製カッティングプロッター CF3-1631」を新規導入、今月から稼働開始しています。

news/cutting_20181207.jpg

弊社ではこれまで同社製を3基、島精機製を1基保有・稼働させてきましたが、より大型な製品づくりへの対応や、複雑な形状における効率的な材料カットを実現すべく、新たに社内最大規模となるカッティングプロッターを導入しました。

今機はレシプロカッター換装によって硬質ウレタンなどのコア材カットも対応可能です。

1600mm×3100mmという大きなワークスペースを有するため、大きなカットパターンはもちろん、1度の工程でより多くの材料を切り出すことが可能となり、これまでより大幅にコストを削減することができます。

今まで以上のご相談、お問い合わせを従業員一同心よりお待ちしております。

ページトップへ

東京アールアンドデーグループ
  • TOKYO R&D
  • PUES EV
  • TOKYO R&D COMPOSITE
  • JAPAN HYDRO
Copyright © Tokyo R&D Composite Co.,Ltd. All Right Reserved.