Company

代表ご挨拶

東京R&Dコンポジット工業株式会社は東京アールアンドデーグループの一員として、1982年より複合材料の応用技術の研究開発を開始し、モータースポーツ、航空宇宙、その他様々な産業用分野での研究開発を行って参りました。単なる複合材料製品成形メーカーではなく、調査・企画から設計・解析、試作、試験・評価、そして量産までの一貫した開発が可能な体制を有し、論理的かつ数値的に裏付けられたものづくりを行い、真に社会に必要とされる価値を提供していく企業を目標とし、日々努力して参る所存です。複合材料製品の需要は今後ますます高まっていくことが予想されます。
それに伴い、使用される分野やその加工方法なども多岐に渡り、量産化やコストダウンも進んでいくと考えられます。軽量化や高剛性のみならず、その意匠性などにも注目しながら様々な展開を考えていきたいと思います。
常に新しく、かつ難しい技術にチャレンジしていきたいと思います。
どうか私たちの活動をご支援くださいますようお願い申し上げます。

東京R&Dコンポジット工業株式会社
代表取締役社長 金子 明夫

東京R&Dコンポジット工業株式会社

会社概要

商号 東京R&Dコンポジット工業株式会社
TOKYO R&D Composite Industry Co.,Ltd.
本社所在地 東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル2F
船子事業所 神奈川県厚木市船子151
連絡先 TEL : 046-226-8101 / FAX : 046-226-8151
設立 2011年(平成23年)9月30日 ※(株)東京アールアンドデーより分社
従業員数 65名(2016年1月1日現在)
株式 株式会社東京アールアンドデー100%出資
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
横浜銀行
役員構成
  • 代表取締役会長 : 大沼 伸人
  • 代表取締役社長 : 金子 明夫
  • 取締役COO : 竹田 清人
  • 取締役 : 宮下 泉
  • 取締役:白岩 一行
  • 取締役:角田 武雄
  • 監査役 : 内藤 修平

沿革

1982年 CFRP等の先進複合材料の応用研究技術開発に着手
1985年 CFRP製フレームの電動オートバイ TRDEX-1 東京モーターショーに展示
1992年 研究用F3000レースカー R&D921F開発
1994年 CFRP一体成形のシーカヤック「クロシオ」発表
1995年 CFRPシーカヤック「シーフォックス」(クロシオの廉価版)発表
2000年 自社開発スポーツカー VEMAC RD180発表
2001年 同 RD320
2002年 GT300レースカー RD320R発表
2003年 同 RD350R
2004年 同 RD408R
2005年 コンセプトハイブリッドカー RD408H 東京モーターショーに展示
2008年 CFRP製自転車フレーム開発開始
CFRP製電動アシスト三輪車開発開始
2011年 神奈川工科大学とVaRTM成形の研究開始
JAXA D-SENDプロジェクトに参加
2012年 JASPA・新潟・スカイ・プロジェクトに参加
自社ブランドCFRPロードフレーム開発プロジェクト始動
2013年 JAXA HRVプロジェクトに参加
2014年 市販二輪車 HONDA RCV213-S のCFRP製部品の製造開始
風力発電用CFRP製風車(揚力型垂直軸風車)の開発受託
CFRP製福祉機器用部品の製造受託
CFRP製医療機器用部品の製造受託
CFRP製ロボット用部品の試作、少量生産開始
2015年 nendo様からロンドンデザインフェスティバル出展作品『nest shelf』の製作受託

アクセス

TOKYO R&D COMPOSITE 東京R&D コンポジット工業(株) 船子事業所

住所:〒243-0034 神奈川県厚木市船子151
TEL : 046-226-8101
FAX : 046-226-8151
交通:小田急小田原線本厚木駅バス15分徒歩10分
小田急小田原線愛甲石田駅タクシー5分

ページトップへ

東京アールアンドデーグループ
  • TOKYO R&D
  • PUES EV
  • TOKYO R&D COMPOSITE
Copyright © Tokyo R&D Composite Co.,Ltd. All Right Reserved.